しもざき響子 ソプラノ

東京芸術大学卒業後、2009年より渡米、カリフォルニア州を中心に演奏活動を行なう。

ヴェリズモオペラ、ワルキューレ(ワーグナー)のヘルムヴィーゲ役でデビュー。シカゴオペラ・アイドルコンペティション・ファイナル、メトロポリタン助監督のオペラ・カリフォルニア・アカデミーで主役を務める。

読売新聞社主催ウィーン・モーツァルトハウス in ジャパンにおいて、夜の女王(魔笛)、ジルダ(リゴレット)、ヴィオレッタ(椿姫)、他で出演多数。

近年はオペラをカジュアルに楽しむ企画を、サロン、ホテル、東京大学などで積極的に開催。ワインと共に楽しむカジュアルなオペラコンサートから、シンポジウムとオペラを合体させたイベント等も企画。

声を転がす「アジリタ」という技法を生かし、コロラトゥーラからレッジェーロのオペラを得意分野とする。

Stanford大学より発祥し、米カリフォルニア州パロアルトを活動の中心としたFortnightly Music Clubに演奏会員として所属。やまと国際オペラにてオペラ運営を担当。クラシック音楽クラブ元理事。

今後の活動予定

 



2017年10月21日

東京大学140周年リユニオンパーティ

シリコンバレー・スタンフォード赤門会主催

最高のオペラを身近に コンサート

 

2017年10月22日

ベストセラー本記念 コンサート
大阪 グランモール

 

2018年1月14日 

よこすかニューイヤーコンサート

横須賀市文化会館大ホール