宮本史利 バリトン

横須賀市出身。横須賀市立馬堀中学校、神奈川県立横須賀高校、横浜市立大学商学部、東京芸術大学声楽科を経て、パルマ国立音楽院3年コースを満点で卒業。2008年より、20世紀最高のソプラノ歌手の一人、ミレッラ・フレーニの下で歌の研鑽を積む。

日本では地元横須賀を中心に未就学児対象のコンサート、病院等のコンサートによるボランティア活動から、東京をはじめとした各地でのリサイタルまで、幅広く演奏活動を行い、イタリアでも各地のコンサートに出演している。

 

2010年ロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル・アカデミーのオーディションに合格、《ランスへの旅》公演において、主役の一人であり最も出番の多いトロンボノック男爵として出演。

また、2010年からはモデナ・パヴァロッティ劇場においてシーズンオペラ《マクベス》に医師役として出演するのを皮切りに、2012年《フィガロの結婚》ドン・バルトロ役、2015年《ドン・ジョヴァンニ》マゼット役と重要な役において出演を重ねている。 モデナ以外でも、2013年にはキエーティ・マッルチーノ劇場のシーズンオペラ《アルジェのイタリア女》タッデーオ役として、パルマ王立劇場では2014年にシーズンオペラ《結婚手形》ズルック役、2016年にシーズンオペラ《なりゆき泥棒》ドン・パルメニオーネ役として出演。

2015年にはフェスティヴァル・プッチーニ・アカデミーのオーディションに合格し、61回の歴史を持つフェスティヴァル・プッチーニの公演にタイトルロールであるジャンニ・スキッキ役で出演。

また、2015年2月、一般社団法人よこすかの音楽家を支援する会(YMSA)を設立。代表理事の立場から、地元である横須賀への恩返しとして、横須賀の音楽家を中心としたコンサートの企画、制作、出演を重ねている。

これまでに、湯川晃平、白幡武、高丈二、渡邊明、R.フランチェスケット、L.カピルピ、G.パンツァ、M.フレーニ、E.ダーラ、の各氏に師事。喜劇の第一人者である、A.コルベッリ、B.デ・シモーネ、R.パネライ、B.プラティコ、の各氏のマスタークラスを受講。第12回JILA音楽コンクール声楽部門第1位。第4回マルティーニ国際声楽コンクール入選。

2017年にイタリア永住権を取得。

今後の活動予定

  

2017年9月30日
祝・敬老こんさーと2017
はまゆう会館

 

2017年10月14日

宮本史利リサイタル2017

東京文化会館小ホール

2017年10月19日

スペシャルコンサート(仮題)

大沼国定公園セミナーハウス

 

2017年11月16、18日

LA VOCE vol.4

【東京公演】豊洲文化センター小ホール

【横須賀公演】ヤンガーザンイエスタデイ 

 

2017年12月4日

海辺のティータイムコンサート

観音崎レストランマテリア 

 

2017年12月24日

オリーブの音VII
Mouza百合ヶ丘

 

2018年1月14日 

よこすかニューイヤーコンサート

横須賀市文化会館大ホール

 

スポンサーリンク