横森由衣 ソプラノ

神奈川県横須賀市出身。

 

鎌倉女学院中学校・高等学校卒業。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院音楽研究科修士課程オペラ専攻修了。

 

第35回飯塚新人音楽コンクールにて第二位、第38回コンセール・ヴィヴァン新人オーディションにて最優秀賞受賞。

 

平成27年度、新国立劇場にて文化庁新進芸術家育成事業「オペラアリアコンサート」に出演。バッハ「ロ短調ミサ」、ベートーヴェン「第九」、フォーレ「レクイエム」のソリストを務める。

 

オペラでは、第61回藝大オペラ定期公演≪フィガロの結婚≫スザンナ役でデビュー。日光市市制施行10周年・日光開山1250年記念市民音楽劇≪日光開山≫に八汐役で出演。神奈川県民ホール・オペラシリーズ2017≪魔笛≫では、パミーナ役のアンダースタディを務め、ハイライトコンサートにも同役で出演した。

 

これまでに、朝倉蒼生、諸冨満希子、佐々木典子の各氏に師事。

 

現在、東京二期会オペラ研修所第61期マスタークラスに在籍。

      スポンサーリンク

  今後の活動予定

 

2017年8月5日

オペラ『ラ・ボエーム』ハイライト公演

(澤原行正テノールリサイタル あこがれVol.2)

くれ絆ホール

 

2017年8月27日

オペラ『愛の妙薬』ハイライト公演(アルテヴィーヴァコンサート in豊後大野)

エイトぴあおおの 大ホール

 

2017年9月23、24日

鑑賞者のための

秋季彼岸追善祈願コンサート

宝島山峯樹院大信寺

 

2017年10月2日

海辺のティータイムコンサート

観音崎レストラン マテリア

 

2017年12月17日

第683回定期 横響・第九演奏会 

神奈川県立音楽堂

 

スポンサーリンク