渡邊達徳 ヴァイオリン

1993年横須賀生まれ。東京音楽大学ヴァイオリン専攻卒業。

これまでに清水厚師、清水高師、嶋田慶子、大谷康子、海野義雄の各氏に師事。

 

室内楽を原田幸一郎、斎藤真知亜、大野かおる、百武由紀、荒井英治、横山俊朗、苅田雅治、武田真理、菊地麗子、広瀬宣行、山洞智、三浦捷子、後上総司、松尾奈々、海老原直美、稲田潤子、只野なつき、四戸世紀、亀井良信、安原理喜、宮本文昭他各氏に指導を受ける。

 

マスタークラスに於いてイヴリー・ギトリス、ピエール・アモイヤル、ナムユン・キム、エドワード・シュミーダー他各氏に指導を受ける。

 

全日本芸術コンクール最高位、全日本ジュニアクラシック音楽コンクール第3位、日本クラシック音楽コンクール全国大会入選、ブルクハルト国際音楽コンクール審査員賞、YoungBrilliantPlayer国際コンクール国内ファイナル出場。

 

2Violins Duo“Fiddles”、Oboe&Violin duo“Oblivion”、MusicaAntica他各メンバー。ハクジュ音楽教室、森音楽教室各講師。

 

19歳でArietta交響楽団とチャイコフスキーの協奏曲を共演した他、オロル弦楽合奏団、コンチェルト室内管弦楽団、羽村フィルハーモニー管弦楽団等と共演。また、東京オペラシティに於いてマキシム・ヴェンゲーロフ氏のコンサートに出演した他、Gorgaua Quartetとして荒井英治氏と共演、Fiddles Quartetとして菅野宏昭氏と共演。

 

東京フィルハーモニー交響楽団、ポートストリングス横浜、新日本BGMフィルハーモニー管弦楽団、コバケンとその仲間たちオーケストラ、Kammer Philharmonie Baumkuchen等に賛助出演した他、横須賀市主催リサイタル、東京国際芸術協会及び日本演奏家協会新人演奏会等に出演。

 

国内外アーティストのバックストリングス(Style-3!、aiko、夏川りみ、かのんぷ♪、WHOtrio、サザンオールスターズ、Chay、SMAP、アルケミスト、Belle&Sebastian、関ジャニ∞、UMI☆KUUN、加藤登紀子、岡幸二郎、和音美桜、つるの剛士、ドリーミング、YOSHIKI(X JAPAN)、川井郁子、秋川雅史、上白石萌音他)やレコーディング(KerriChandler、UMI☆KUUN、映画「天心の譜」、CD「Style-3! on Orchestra」、JMC、アニメ「アンジュヴィエルジュ」他)に参加した他、NHK『SONGS』、 『ムジカ・ピッコリーノ』、『Rの法則』、ドラマ『1914 幻の東京』、ひかりTV ドラマ『待つ女』、テレビ朝日『ミュージックステーション』、フジテレビ『SMAP×SMAP』、BSスカパー!『FUJI ROCK FESTIVAL'15』、CM(NTTドコモ、JDL)、PV(FisBlock、水樹奈々、新妻聖子、miwa)等に出演。

  今後の活動予定

  

2017年3月2日

泣いても大丈夫!コンサート

in Kinugasa

衣笠コミュニティセンター

  

2017年3月4日

渡邊達徳ヴァイオリンリサイタル

横須賀三浦教育会館

 

2017年6月17日

新里恵美ピアノリサイタル

ヨコスカベイサイドポケット

 

2017年8月6日

YMSA名曲コンサート

ヨコスカベイサイドポケット

 

2017年10月7日

渡邊達徳ヴァイオリンリサイタル

ヨコスカベイサイドポケット