ワークショップ2017夏 第1回のまとめ

スポンサーリンク

《YMSA発声・歌唱ワークショップ 第1回のまとめ》

【ワークショップメニュー】

 ■ストレッチ 15分
  →なぜストレッチから行うのか
    発声はスポーツと同じ、筋肉をいつも反応しやすい状態にするため

 

・体ひねり(足を広げ膝を折り、両手で膝を内側から押しながら肩を内側に入れる)
・肩を前で伸ばす、肩を上えで伸ばす、肩を後ろに伸ばす
・首を横に倒す、首を抑え斜めに倒す、首を回す
・顎を大きく広げる
  →顎関節症に注意、顎先が首に近づかないように注意
・口を大きく広げ《口角を外側に↔︎口角を内側に》
・舌を口の中で回す
  →舌先ができるだけゆっくり・遠くを回るように

・横隔膜ストレッチ
  →息を限界まで吸って、そこから(ゆっくり!)さらに3回吸おうとする
    →これは肺活量を増やすトレーニングでもあります。ゆっくりと丁寧に行いましょう。
  →息を限界まで吐いて、そこから(ゆっくり!)さらに3回吐こうとする
    →歌うために、リラックスのためには吸うことよりも吐くことが重要です。

  ※動的ストレッチは必ずゆっくりと動かしましょう
  ※ストレッチの最中は呼吸を止めないことが重要
  ※ストレッチの順番が大事
   →体の中心、大きい筋肉から、歌うために重要な小さい筋肉に近づいていく

 

 ■ブレストレーニング 15分
   →声を出すのに最も重要なのは、息が自在に操れること
     息が思い通りに使えないということは思い通りの声が出ない、ということです

  息を邪魔するところは、声を邪魔するということ

   →人間の体の中には息を邪魔できる場所が6箇所(唇・鼻・軟口蓋・舌・喉頭蓋・声帯)
     →特に喉頭蓋について
      ・鼻息の音が喉から聞こえたら喉にブレーキ(喉頭蓋が閉じ気味)があるということ
      ・鼻の穴からしか音が聞こえなければOK
 

 【※息のトレーニングは過呼吸により頭がふらつく可能性があるので、座って行ってください
  ・スッ・スッ・スー
    →リズムよく行う 常に体の中でブレーキがかからないようチェック!
  ・4拍、8拍、12拍で息を伸ばす
    →息の強さが一定であり、それぞれの長さでちょうど息を使い切ることを目指す
  ・クレッシェンド、デクレッシェンド
    →息がブレることなく徐々に大きく(小さく)なることを目指す
  ・リップロール(唇をブルブルと震わせる)
    →唇が乾いているときは振動が起こりにくい
      →息が減ってしまうところでリップロールは止まってしまいます
        →また、顎の力を抜くため、一定の息を送るために最も重要なトレーニングの一つ

 ■脳のトレーニング 10分
   →なぜ脳のトレーニングが必要なのか
     歌を歌うには、同時にたくさんのことを処理できることが重要
      →一つ一つは簡単、でも同時に行うのは難しい
  ・グーチョキパー
    →常に右手(左手)を勝つようにリズムよく変える
  ・あっちかな
    →親指と小指を交互に、自分から見て左右同じ方向の指を立てる
  ・三角形、四角形
    →右手で三角形、左手で四角形をリズムよくつくる

・後出しジャンケン

  →「ジャンケンポンポン」のリズムから遅れないように、思考を止めないことが重要

・ジャンプで二拍子、三拍子

   →手と足は全く別の部位ですが、どうして影響をし合ってしまうのかを考えてみましょう。


 ■発声 15分
 ・キーポイントは4つ

   ①息の通り方②息の通り道、③脱力、④声門閉鎖

  今回のテーマは②息の通り道

   ①リップロールで息の通り方を確認
   ②リップロールで通している息が鼻を通ることを確認

    →鼻の下に指を置く

      →鼻息を出すときに指に息が当たっていることを確認

        →ハミングに帰ると息のスピードが落ち、生暖かい息が指に当たる

          →普通に歌っているときもそのような息が当たることを目指す

  ※大事なのは(軟口蓋で)邪魔をしないことであって、頑張って鼻息を出そうとすることではありません。

スポンサーリンク

 ■歌唱 50分
  ・リップロールなどを利用し、まずはブレーキのかからない声を目指しましょう
  ・言葉の意味を考え、言葉にあった表現を心がけましょう

  ・前奏や間奏など歌っていない時の表情も大切です

  ・楽譜を見る時の顔の向きなどでも、息や声をブロックします。いつもいい状態を探しましょう。

  ・細かい点については次回から確認して行きます。まずは楽譜のどこを歌うのか整理しましょう。

    ▶︎わかりにくい所があれば、いつでもお尋ねください

 

 

【ご自宅では…】
  リップロールの練習を中心に可能なことを無理なく行っていただけるといいと思います。そして、オリジナルの音楽を何度も聞き直して身てください。それによって今後のトレーニングがスムーズに進みますので、毎日少しずつ挑戦してみてください。

【その他】
  ・チケットの販売にご協力ください。ワークショップ参加の皆さんには、一般3000円を2700円でお譲りいたします。
  ・ご質問などがあればメールでも直接でもお知らせください。ワークショップ内、または、メールマガジンにてお答えいたします。

  ・次回は開始15分前よりイタリア語の練習を行います。イタリア語に不安があり、お時間に余裕のある方はぜひいらしてください。